保険 アリコ

moon in the noon

http://mistybluerose.jugem.jp/
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
口唇ヘルペス?らしきもの?
おととい、右側の口元ににきび?みたいなものができてて
「あらぁ・・・妙なトコにこんなものが」
と思っていたら、昨日になって水ぶくれ状態になり
「これは、もしや???」
と検索かけてみました。
「口唇ヘルペス」
病院で診断受けていないんで確定ではないんですが、たぶんこれかと。
これになったことがあると聞いていた親戚にも話を聞いてみたんですが、治療受けてもたぶん再発するとのこと。
あといちばん心配していた家族への感染。
ウイルスを持っていても症状がいつもでていると限らないので、感染は防ぎようがないのでは?感染してるとするならば、もうすでに感染しているだろう。とのこと。

ふぅ・・・またやっかいなものひとつ増えたな。
これが今の正直な気持ち。
こうなってしまう自分に、ちょっと腹たってきます。

疲れているとき、ストレスなどが起因となって・・・
ということですが、今の私、それほど疲れている気がしていないんですよ。

ただ以前通院していたときにドクターに言われた
「ストレスを自覚している時には自分で抑制が効いて大事に至らないケースが多い。自覚できていない場合・・・これが身体の不調となり得るんですよね。。。あなた疲れてますよ^^というシグナルです。これからも気をつけてくださいね。自分の身体なんだから自分で守ってあげなくちゃね。^^」

とりあえず処方薬を飲んでも根本からの完治はしないということ、感染のこと、私の場合は処方薬による副作用がおおきく出やすい・・・こんな点から、しばらく穏やかに暮らして様子をみることにしてみます。
* こころ*からだ*きれい(heart) * 07:45 * - * trackbacks(0)
1歳ちょいのわたし
数年前に母親から聞いた話。
自分のことながらなんと健気な・・・ってちょいほろっときたっけな。。。(あふぉやw)

弟がまだ生まれる前の話っていうから、私が1歳ちょいくらいだったんだろうね。

両親はかなりの不仲で毎晩のように暴力を伴うような喧嘩をしてた。
子供は寝なさいって言われて、でも襖ごしに激しい喧嘩が聞こえてて。
たまに隙間から覗いていたんだと思う。
この隙間からの光景は、私の記憶にしっかり刻まれている。
消えることはないだろう。

父はお酒を飲まないとほんとうにおとなしく無口だった。
母は気性が激しく自分の意思を押し通す人だ。
そんなふたりが一緒にいて喧嘩にならないわけがない。

父がお酒を飲むといつものうっぷんが出てくるのであろうか。
母はそれに真っ向から対決。一歩も引き下がらない。

早くおさまらないかな。
ただ息を殺して、あまりなんの感情も抱かずに、時間が経つのだけを待って居たような気がする。

父が暴れた末に酒に酔って居間でそのまま寝て、その傍らにいる母に向かって「おふとんで寝よう。おとうさん寝ちゃったよ。」と手をひっぱって寝室へ連れていったそうだ。
ここはねー。聞くまで覚えてなかった。
隙間から覗いてたのはこの為だったのかしらね?
今となってはもうよくわからないけどね。

ただね、母親が私に過剰なまでの期待?みたいなのを持ってしまった理由がわかったような気がした。

以前、夜驚症の話を書いたことがあったんだけど、原因として考えられるのはここなんだよね。
今でも夜ってあまり好きじゃないの。
ふつーに眠れるときはいいけどさ、そうじゃないときは訳もなく不安になるし、妙に動悸が激しくなって、悪いことばかり嫌なことばかり頭の中に湧き上がってきて。
いい年したおとななのに泣き叫んでしまう時だってある。

これねーふつーに話すと「病院行ったら?」で終わっちゃう話なんだよね。
だから誰にももう話さない。
病院行ってなんでも治るなら、誰も苦しまないよ。
抱えているものを自分でどうするか。
私はそれをどうしたらいいか・・・ここでいろいろ試行錯誤している。

ネットに関わるようになってはじめて、こうやっていろんな人が苦しんでいるのを知った。
リアではみんな幸せそうに何事もないように振舞ってて。

そう言ってる私もそんなひとり。
* こころ*からだ*きれい(heart) * 08:33 * - * trackbacks(0)
身体がよわいw
w・・・ってね笑ってる場合ぢゃないんですけどねw
ほんと、子供の頃から身体がよわかったw

すぐお熱だす子だったらしくてね。
その原因は知恵熱?って言われてたみたい。

おうちにいるときはいいんですよ。
ただやっぱお友達とも遊ばせたいでしょ?親としては。
でもね、その刺激ですぐお熱だしちゃってたんだって。
頭痛や吐き気も伴うような激しいもの。

親としてはどうしたもんだ?とたぶんいろいろやったんだと思う。
病院にもなんども連れてったらしい。
今でも覚えてるよ。
脳波と心電図?だと思うんだけど、あの冷たいなが〜い線のついたのを体中あちこち貼り付けられて、ベッドとも言い難いような狭くて固いとこに寝かせられてさぁ。
たぶんこれって3歳に満たない頃の記憶。
いくら調べたってなにも異常はない。
ただその頃は知能が高かったらしい。(過去形だよwww)
当時ねぇ、もう漢字交じりの文章書いてたんだって。
誰も教えてないんよ。本とか読んでひとりで覚えたらしい。
今となったら「へぇ〜」ってまるで他人事w
んで結局「知恵熱?」っていう病名らしきものしかつかなかった。

母も家で仕事をするようになって、そこいらに転がってる毛糸や布をいっしょにいじってみたり、お人形あそびしたり、お絵かきしたり。
なんもしゃべらないでね。黙々と。
ほんとなぁ〜んも手がかからない子だったみたいね。
おむつは生後7ヶ月でとれたんだって・・・うそみたいだよねw
でもほんとの話wどうやって意思表示したんやろ?親が見ててわかったんやろか?
でも同じように育てた弟はそうじゃないしなぁ。。。なんやろね。

病気らしきものについては問屋のようにいろいろ経歴をもってるので、とてもじゃないけどいっぺんに書けないので、何回かわけて書いていきます。

カテゴリは最終的に「こころ」につながるのでここに入れておきます。
* こころ*からだ*きれい(heart) * 08:02 * - * trackbacks(0)
わがままに生きる
これ、最近、ものすごく意識していること。

*気が進まないことはしない。

*今日でなくていいことは後回し。
(これはやりすぎたのでやや巻き戻し中w)

*自分のことより人のこと。っていうのはもう辞める。
 自己犠牲しても、それが相手にかえって負担を強いる結果になるから。

*とりあえずやってみる。
*やってみて失敗しても深く堕ちないように「意識する」。

*必要以上にまわりに歩調をあわせない。
*必要以上に相手の顔色・反応をうかがわない。
*気がついても必要以上に反応しない。

*なんかやだな。って思ったら、のみこまないで主張する・・・軽くw
*同じく…いいな。楽しかったな。こういうのも主張する。

まだまだありそうだけど、ここらでとりあえずストップw

ごくあたり前のことかもしれないけど、こういうのがなかなかできなくて、根元からぼっきり折れてしまうまでいってたような気がする。

こうやってログ書いてあっぷするのすら、わざわざ来ていただいて読んでいただくような内容???これが???
って思ってあっぷできずにいたような気がする。今まではね。
誰のために書いてるのか・・・自分のためなんだよね。

今、書いていて楽しいなって思えるのは、自分のためにだからなのかもしれない。

今のこのきもちを忘れたくないから、この記事もそのままあっぷしておこう。

***同日AM10時追記***
なんやらえらそ〜に書いてるけど、ブログに関しては2年以上の月日をかさね、試行錯誤し、いろんな想い体験をし、今ここに至ってます。
* こころ*からだ*きれい(heart) * 08:52 * - * trackbacks(0)
<<2/2pages
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
blogpeople
links
profile
qrcode