保険 アリコ

moon in the noon

http://mistybluerose.jugem.jp/
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
雷鳴 とどめ

まー、このブログ

リアルで知ってる人も見てるわけで

まー、そうすると

いろいろある意味問題になることもあるわけで

ただ、そこいらは私の人生私のブログっつーことで

大目に見ていただければとゆーわけで

 

昨日、早めに用事終わって

私、軽自動車、ずっとお買い物程度しか乗ってなくて調子がわるくて

前日、少し距離かけて乗ってあげたら少し調子あがって

それじゃ今日もちょっくらいきますか♪って少しドライブ。

いつもGooglemapでナビりながらいくわけさ

行きの道が、まあびっくりするくらい早い道で

軽快に目的地着いたさ

 

目的地は、いつも遠いって思ってた海。

ところがいつも行く海より時間かからなくない?ってくらい早く到着。

楽しい思い出を懐かしんだり、なかなかいいドライブなったわけさ

 

だんだん雲行きがあやしくなってさ

さて帰ろうってなって、またナビいれて帰ったわけさ

帰り道、行きとちがうわけさ

ナビまかせ。特にいそぎでないからいつもそのまま行くさ

黒い雲が垂れ込めてきて稲光がすごくてそのうち大雨なって

あら、何これ?

神は私を試そうとしているの?

神じゃないか、教えてるのはGooglemap

いちばんひどくてもう無理って時に通りかかるはいつもの空港。

今日はいっちゃだめな日なんだ。

曜日をふりわけたんだ。

あっちが言ったわけじゃなくて私が一方的に言ったんだ。

ばったり会って気まずくなるのは嫌だから私は火曜にいきますってさ

 

でもな、、、

 

私は話したけど相手は忘れてる私のこの軽の名前。見たこともない。

しかも、今日は基地の目玉がいない。しかも大雨。

相手は車の中でも管制無線を聞いている。

飛ばないのは100も承知。

来るわけなかろう♪

それより自分の身の安全!

 

いつもの駐車場。

Twitterでも異常事態で目玉が飛ばないのはわかってる。

ほとんど誰もいない駐車場。

雨もどんどんひどくなる。

稲光は地上にどんどん降り注ぐ。

地響きがする。どんどん雨が降り、もう前が見えない。

 

うん。びっくりした。

来たよ。。。

いつもの時間。

いつもの車。

いつもの作業服。

 

いつもの場所へ車を止め

誰ひとりいないいつもの場所へ

傘もささずむかった。

暗いし大雨だし何も見えない。

ただ、そこにその人しかいないってこと

なぜか傘をささなかったこと

なんと30分近くそこへひとりいたこと

 

うん。なんかこわかった。

執念つーかなんなんだろう。

 

雨はだんだん小降りになってきた。

黒い雲が切れて少し空が見えてきた。

 

戻ってきた。

さっきは気がつかなかったけど

手には大きなアタッシェケースを持ってた。

ケースの中身は撮影グッズだろう。

 

名残惜しいのか振り返っている。

変わらない後ろ姿。

こうやってみると大きく見える。

 

車に乗り、いつものように車をまわし帰っていった。

へたに動けば見つかると思って、私は車のシートにひそんでいた。

そうしながら、他の人とのLINEに興じていた。

 

待って。

急にそう言われて待った。

 

だけどこうなってきたら

私はなぜ待ってるのかわからない。

なぜ待たなくてはいけないのか。

私は何を待ってるんだろうか。

待ってる先に、いったい何があるのか。

 

ほんとの名も知らず、どこに住んでるかも知らない。

そんなものどおしが、場合によっては関係すらもつあのサイト。

こうやって思ってみれば、ほんとうに危険極まりないわけで。

 

そういう場所で動けば動くほど

先日の横断歩道じゃないけど

今日のこの場所ではないけど

偶然やらいろんなことで

包囲網がせばまってくるというか

危険とリアルが近寄ってくるっていうか

 

帰ったから安心して私も動き出した。

でもあぶなかった。

途中で止まっていたんだろう。

私の前の大型バスの前にいる。

すぐの場所を左にまがるはずなのに。

 

その人はまっすぐ向かった。

そちらは大きな都市。

おそらく予備日に夜間訓練をすると見込んで

超目玉のために古い撮影機材を買い替えるのであろうと思った。

 

私はいつまで待たせられるのだろう。

待った先になにがあるのだろう。

もう、ほんとひと思いにとどめさしてほしい。

 

そう思いながら時にくるしみながら

私がしてきたたくさんの人への同様な行為を

思い出さざるを得ない。

 

私はこの人に

自分がしてきたたくさんの非情な行為を思い出させられる。

 

私はたったひとり

この人にしかこういう思いをさせられてはいない。

それに比べて私は

いったいどれだけの人に

こういう苦しみをあたえてきてしまったのであろう。

苦しめ苦しめ思い知れ

自分がたくさんの人にしてきた苦しみを

思い知ればよい。

 

だからこの人を手放せない。

だから私はこの人を待っている。

* つぶやき…(日記のようなもの) * 06:33 * - * -
驚愕

まあ、タイトル、ちょっと大袈裟。


今日は2回目のブラジリアンワックス。

今日の担当

お世辞はうまいが

少し痛いw


終わって好きなパン屋行って

次の場所への車移動。

信号で止まった横断歩道

いやびっくりしたよ。

ここでいうところのスタバの人が

スマホしながら通ったよ。

私、接客業だから記憶力いいのさ

職場の場所も内容も嘘っぽいとは思ってた。

まあ、あんな場所じゃ

意外と学校の先生かと思ったさ。


まあどうでもいいけどさ。


もう1コは結構びっくりした。

サイトのメールをサイメって言うんだけど

今日のサイメに70代の方から来てて

私が不動産業って書いてるのを見て

自分の資産を引き継ぐ養女を探してます。

養女だから、他の方と結婚してもかまいませんときた。

いや、しびれたね。

内容からすると、この人、超本気みたいで

私、悩んだけどメールした。

不動産屋的な返事をね。

新しい事業を始めるって言うから

資産は新しい事業のために使った方がいい。

ということ。

私自身は

資産を持ってる方がすごい苦労をしているのを見ているから

資産に全く興味がないこと。

そして何より

危険すぎるからこういう書き込みをやめた方がいいこと。


今日は髪を巻いたり一生懸命女らしくあるように勉強しました。

いつからかそういう努力を忘れた。

誰のためじゃなく

そう、自分のため。


なんでこんな大事なこと忘れてたんだろ。

今日は来ないはずなので

ひとりで戦闘機見てきます。

大好きなナイトフライトです。

いってきまーす。

* つぶやき…(日記のようなもの) * 15:23 * - * -
スプモーニ 旧友

連載中?ではありますが

今日も自分的メモをば。

連載終了後は、掲載順を

後日、整理しておきます。

 

昨夜、私は、ついに思い切って電話した。

電話の先は、もう30年来会っていない友人の店。

ブログに一切書いていない

私の、とある時代。

私が1度目に結婚してた時代。

 

そう、

以前書いていた結婚時代は2度目のだった。

 

当時私は、とある東北の街にいた。

当時の旦那のお給料が1桁万円台で

住まいは冬、浴槽の中の水が凍るくらい寒くて

台所には1口コンロしかなくて湯沸かし器もなくて

清貧といえば聞こえがよいが

とてもじゃないけど暮らしていけなかった。

私も働きたいが

子供を保育園に通わせるお金もない。

隣の部屋の年上の奥様にすすめられ

私は意を決して、夜の街へ働きだした。

 

まあ、ここいらからは、また追々。

 

その当時、おそらくその世界で最高地点にいた私。

市内でいちばんのクラブでナンバーワンを張っていた私。

結婚式もおこなうようなシティーホテル内に

接待最適の上質のクラブ、最上階には夜景の美しい本格的バー。

クラブのボーイ兼バーテンをしていたのが

昨日、電話をした店の主。

いや、とにかく勉強家で

そのあまりの熱心さに私まで感化され

バーテンの仕事内容の奥深さに魅了され

ホステスという仕事もそうは長く続けられないと思い

私自身も、その街のバーテンダー協会に

その人と一緒に入っていたことすらあった。

 

その店があることと

おそらくその人がそこにいるということは

ずいぶん前にわかってはいた。

それでも当時のその店は予約がないと入れない

地元のみならずの超有名店となっていて

私自身も、高い新幹線代まで出していけないような

酷い経済状態であって

元気にしてるかな。という電話すらかけられずにいた。

今の私は、特にどこか痛むとかもなく

今いかないと、逆に、もう行けない気がして

勢いで、昨夜電話をかけてしまった。

店主はほぼ店に出ていないというから

私が電話をかけても誰もわからないだろう。

まあ、その時はその時だ。

 

私は、当時勤めていたホテル名、クラブ名を告げた。

当時の源氏名 みなこ と伝えた。

私の連絡先を伝えて、覚えていたら連絡をくださいとお伝えくださいと託した。

びっくりしたことに、ホテル名とクラブ名は、電話をとりついでくれた人も知っていた。

まあ、あのホテルとクラブがいつまであったのか知らないが

一見さんお断り、

ホテルのフロントがドレスチェックをし、

市内の名だたる会社経営者やお医者様など限られた方の社交場だった。

私はまだ若く、それでもたくさんのそういうお客さまに育てていただいた。

私がテーブルにつくと間違いないと、接待のお席にたくさん指名がかかった。

弾き語りのピアノに、誕生日にはたくさんの花束。

10歳以上年上のお姉さんホステスさんにもママにもとてもかわいがっていただいた。

 

それでも、過剰なまでの緊張と重責とで毎日のように胃が痛む私に、

そのバーテンが作ってくれたカクテル。

カンパリベースのスプモーニ。

カンパリには薬草が入っていて、胃にいいと言ってすすめてくれた。

淡いピンクの色、しゅわしゅわと泡立ち、フルーティーな香り。

自分でも作れるはずのスプモーニ。

どこかへ行ってメニューにあれば必ず頼んだスプモーニ。

だけど、その人のつくるスプモーニほどしみるスプモーニに会ったことがない。

 

今はもう、ほぼお酒を飲めない私。

その街へ行ったとしても

そのスプモーニ1杯しか飲めないはず。

それでも、できたら、最後でもよい。

そのスプモーニを味わってみたい。

 

ただ、欲張れば

もし彼が作ってくれるとしたら

すばらしいカットをほどこしたフルーツ盛も頼みたい。

カットするところを、またしっかり見たい。

バーやクラブで頼むフルーツ盛は時価。

フルーツ盛をつくるのもバーテンの仕事。

彼がフルーツを手に取ると

切れ味のよいペティナイフで

食べやすく美しいフルーツ盛が華麗に素早く出来上がる。

私はこれを見せたくて、彼にたくさん勉強をしてほしくて

たくさんのテーブルへ、このフルーツ盛をオーダーした。

 

こんなご時世、あの地域なので

厳しいオーナーさんに入店拒否されるかもしれないが(笑)

今のうちに、会える人には会っておきたい。

お互いが健在で、お互いが動けるうちに。

早いかもしれないが、人生の最終地点へ向けて

できるだけ華々しく明るく進んでいきたいと思っている。

 

いままでの自分の生き方を

しっかり肯定してあげたいと思っている。

 

* つぶやき…(日記のようなもの) * 07:10 * - * -
東へ東へ 満月 朧月夜

連載の途中ではありますが(笑)

少し、自分的メモをば。

 

もうLINEこないかな。

うん、こないよね。

 

そう思っていると

またくる。

 

こんな事は初めてで

私は、戸惑う。

 

正直

私以上に精神が不安定な人に

ほぼ会った事がない(笑)

 

実際、2回会ってる。

何らか不満だったら

こうはならないだろう。

 

でも、、、

私とすっぱり縁を切れないのはなんでだろ?

 

保留?

ほんとに何かあって機嫌悪いから?

ならなんでサイトでオンナあさりする?

 

まだ解決しません。

もう少し時間をください。

 

思えば毎回そう書いている。

 

いったい何を解決しようとしてるんだろ。

 

昨夜もひとり基地へ行ったという。

綺麗な月で心が少しなごんだという。

 

私も外へ出て、月を探した。

おんなじ月を、見たかった。

 

昨夜は満月十五夜だったという。

暗い厚い雲が垂れ込め、まったく月は見えない。

かすかに明るい場所をみつけ

東へ東へと、私は歩く。

どんなに行けども、雲はきれない。

 

そんな空にハートの形の雲。

携帯を忘れたのに気がつく。

まあいいや。戻ろう。

 

そう思って、右向け右。

左肩越しに、明るい光が。

 

見えた見えた。

まーるい美しい月が。

 

がんばれー。待ってるよー。

まーるい月を眺めて

少し笑顔がこぼれた。

 

私は、たくさんの人を無下に切り捨て

ひとりの殻の中に、閉じこもっていた。

殻の中は平穏で、傷つくことはなかった。

辛い気持ちやしんどい事から

ずっとずっと逃れてきた。

少しでも不愉快だったら

関係を根こそぎぶった斬ってきた。

 

そんな私が

この困ったちゃんを

初めて待ってみようと思っている。

 

どうして急にこんな気持ちになったのか

自分自身でもまったくわからない。

 

この相手を男性として愛してはいない。

この相手に告られても、応じることもないかもしれない。

 

でも、、、

ぽつりぽつりと来るLINEは

どこか私に救いを求めているような気がする。

 

いいトシしたふたりだが

あまりにも未熟な部分が

同程度にあり

私はおそらく

その人の中にある

劣等感やら自信のなさやら

そういったものに

自分のそれをあてはめている気がする。

 

この人を見限るのは

自分を見限るのと同じ。

 

待っているのに

私は穏やかな気持ちでいる。

待っててって言葉で

私はこのまま何年でも待てる気がする。

 

初めてのこんな気持ち。

こわいけれども

挑戦してみようと思っている。

 

いままでその人のLINEには

既読がつかない仕様をしてあった。

今朝、もらったLINEをまた見たら

既読がつくように、設定を変えていた。

* つぶやき…(日記のようなもの) * 07:40 * - * -

少し前からいきなりメールの様子がおかしくなり

土曜の朝

今日、相手がお休みだったら

もう言おう!って決めていた。

飽きたのかなんなのかわからないけど

もう嫌ならやめよう!って。


話がかみあわない。

サイトでのぼやきがとまらない。

私のインスタにおかしなオンナからフォローがある。

指摘した途端メールがとぎれ

ついに、別件で機嫌が悪いから

不快にさせるかもしれないから。と

メールを一方的に止めてきた。


されど、サイトでの書き込みはしてる。

昨日はついに

私の書き込みと

相手の書き込みが

ほぼ同時刻にアップされ

私の投稿の真下に相手の投稿があった。

さすがに相手はびっくりしたのか

その投稿のみ削除してやがった。


私、見ちゃった♪

スクショ撮っちゃった♪


夜中、ぱっちり目が覚めちゃって

書いちゃった。

私、なんにも見てないよ。って。


ネットってね

わるいことしてても

こうやってすぐアシ着いちゃうんだ。

私、見てないって思ってた?

ずーっと見てたんだ。


嘘つかれて

騙されてるけど

笑えてしょーがない。(笑)


果てさてしばらく経ってから

なんて言ってくるのかな?(笑)


狂い出した歯車は

もう戻りやしない。


私はずっと見てたけど

騙されてるフリしたげる。


あんたはゲームのつもりかもしれないけど

賽を持ってるのは

このワタシなんだから。


覚えてやがれ。


この馬鹿!

* つぶやき…(日記のようなもの) * 02:22 * - * -
<<2/67pages>>
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
blogpeople
links
profile
qrcode