保険 アリコ

moon in the noon

http://mistybluerose.jugem.jp/
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 見納め * main * ひとりたび ひとりじゃない >>
他人の空似 成仏

いつか伝えたかったことを

昨日、やっと伝えた。

 

1コ前のブログのように

人間死ぬときは

みんな結構あっけない。

 

伝えたいことは

時間も何も関係なく

伝えておきたい。

これが私の信条。

 

はじめて海辺の人にもらったメール。

他県の人からメールなんて

あのサイトでもらったことなかった。

メールだけでもとはいえ

それを重ねていくうちに

互いに会いたくなるかもしれない。

なのであえて他県の人は択ばない。

ただ、どうしても気になることが。

 

そのきれいな横顔が

あの亡くなった大事なヒトに似てる。

 

このきっかけがなければ

私たちは言葉をかわすこともなければ

一緒に戦闘機をながめることも

決してなかった。

 

どう思われるとか

それが今後をどう左右するとか

私は結構考えていない。

考えたところでしかたない。

感ずるのは、相手でしかない。

 

私がからかってるのだと思われた

が、すぐ、その真意をわかってもらえたようだった。

 

ただ、今回思ったのは

ほんとうに私はこの人

この亡くなった人に

いかにとらわれているか。

どうしたらこの人を私から切り離せるのか。

ある意味、どこかでさよならをしなければ

こうやっていつまでもいつまでも

かなしいままで、

 

一緒にドライブした道を

私ひとりで走ることで

何が見えるのか

何を感じるのか。

 

私の名を呼び泣き叫ぶ彼。

一緒に死のうと言う彼。

微笑んで私の髪をなでる彼。

私が心配で生霊となってしまう彼。

私の手荒れを心配しキッチンに立つ彼。

浮気ばかりした彼。

はじめて会った日の彼。

 

死んでるのに

私の中の彼は

決して色褪せることがない。

 

どうかしてる。

ほんとうにどうかしてる。

 

私の中の彼は

まだ成仏していない。

* つぶやき…(つぶやき…) * 04:40 * - * -
スポンサーサイト
* - * 04:40 * - * -
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
blogpeople
links
profile
qrcode