保険 アリコ

moon in the noon

http://mistybluerose.jugem.jp/
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 指 * main * 定期通院 投薬増量 第2回戦 >>
因果応報 めぐりめぐって

昨日の仕事帰りに、息子とお寿司を食べに行った。

昼間はひとりで車で出かけ、高速で帰ってきたという。

 

お寿司屋さんで、少し待ってる間に

中学の時の同級生がヤ△ザに追われていると言う。

たまたまネットニュースで見かけたらしい。

風俗のスカウトをしてたらしく

ヤ△ザとトラブルをおこしたらしい。

まあ、ほんと申し訳ないが

私からしたら他人事。

特にさほどなんとも思わなかったが

息子はひとしきり話した最後にこう言った。

 

こいつが俺をいじめた主犯格(笑)

 

なんだって???

やっぱりいじめられてたんじゃん。

なんであの時、言ってくれなかったん?

 

一瞬だけいろいろ頭を巡ったが

ぺこぱじゃないけど、時は戻らない。

 

やっぱさー、悪いことはできないなー。

まわりまわってこんなことになるんだなー(笑)

まーそーだなー(笑)

 

ふたりでカラカラと笑った。

 

彼がやった内容からしたら

おそらく殺されるだけではすまない。

殺されるよりひどいことをされるだろう。

そこまで彼に執着するかはわからないが

周囲に示しをつけるには、まあ相当な事になるだろう。

 

私のブログにこんな内容が載る日が来るとは夢にも思わなかったが(笑)

 

ふたりでカラカラと笑ってはみたが

もちろんそれぞれ複雑な心中はある。

しかしそれはふたりとも孤高な獅子座。

こころの揺らぎはたとえ親子でも見せない。

せめてもの救いは、互いにそれをわかっている事。

 

それは因果応報と笑顔で無情に言い放つことで

息子に、あの辛かった過去を

少しでも、昇華してほしいと願った。

そして、あの時息子が

その相手と戦ったりすることなく

ただ不登校になってくれてよかったと思った。

そして、私が何度も何度も訴えかけても

いじめはなかったと言い張ったボンクラ教師どもを今一度憎もうと思った。

あんたたちが放置した末路をとくと見るがいいと思った。

 

こんな世界にすすみ

こんな若さでこんな目にあい

風俗に女の子たちを沈めて金銭をかすめ

一見楽しそうに暮らしていた輩。

 

私はあなたに指1本触れないし

侮蔑の視線も送らない。

ヤ△ザにやられていい気味だとも、別に思わない。

 

ただやっぱり

 

平々凡々と地道に生きてきてよかった。

 

息子にもそう思ってほしい。

 

辛かったけど、そう学んでほしい。

過去は変えられないかもしれない。

だけど、未来はいくらでも

自分の意志と行動で変えられる。

 

息子とお寿司をおいしくいただき

GODIVAのおいしいドリンクを飲ませたいと

息子は店に連れていってくれた。

 

あんたは覚えてなんかないだろうけど

あんたがいじめまくったうちの子は

こうやって元気に真っ当に暮らしてるよ。

お母さんを大事にしてくれる

どこに出しても恥ずかしくない立派な息子だよ。

 

あれから10年と経ってないのに

この差はなんなんだろうね。

 

広いこの世の中。

そんな世界に

こんな日常と

繋がりがあるなんて思ってもみなかった。

 

あんたは

あんたが

その世界を選んだんだ。

その世界でどんな結末を迎えるか知らないけど。

私には、なんら関係ないけど。

 

あんたが忘れちまった皆の苦しみは

きっちりこっちの世界で落とし前つけていっておくれ。

 

まわりまわって

めぐりめぐって

ぐるぐるぐるぐる

苦しんだ人たち悩んだ人たち

いまなお苦しんでいる何もしらない人たち。

 

最後にあんたの目にこころに

いったい何が浮かぶんであろう。

* つぶやき…(日記のようなもの) * 13:54 * - * -
スポンサーサイト
* - * 13:54 * - * -
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
blogpeople
links
profile
qrcode