保険 アリコ

moon in the noon

http://mistybluerose.jugem.jp/
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ひとりたび ひとりじゃない

いつからだろう。

漠然と思っていた。

 

かつての彼が連れてってくれた海までの道。

その途中の少し寂れた峠

道沿いの右手に流れるせせらぎ。

もう何度、夢に出てきたかわからない。

私を魅了してやまない道。

 

まあまあな細い道。

そこそこ激しい峠。

レンタカーではなく

できたら自分の車で

 

いつかそのうち。

そう思ってはみても

みずから行動しないと

いつかは絶対来ない。

 

今回、きっかけともあれ

私は決行しました。

 

もうほぼ終わった状態で

このログ書いてます。

この夢のような時間は

もうじき終わります。

 

それでも

今の私からすると

とんでもなく大きな出来事で。

 

帰宅後の私は

確実に前の自分ではない。

そう言い切れます。

 

旅は自分を変える。

周囲の見方をかえる。

何が必要なのか。

ほんとはどうなのか。

 

自分の中の整理。

自分になにかしらの自信

そして成長、学び。

周囲の人の応援。

ひとりたびなのに

ひとりではないのを激しく実感する。

とても不思議な旅になりました。

* つぶやき…(日記のようなもの) * 10:23 * - * -

ほんとは一度はあきらめた。

でも、やっぱり

 

今しかない。

 

私は、あの地へ行こうって

昨日、決めました。

 

頭の中のもやもや

ずっとひっかかってるもの

さようなら。

 

もう30年も経ってて

あちらもずいぶん変わってるだろうに

私はいつまでも

なにかあるたんびに

ひきもどされて

つらさがまたわきでてきて。

 

もう、そんなこと

いつまでもやってらんない。

 

いまなら行けそうな気がする。

少し前からうずうずするきもち。

これがなんなのかわからないけど

死ぬまで一生忘れられない旅になるはず。

 

娘ちゃんの遺骨を胸に

お父さんの眠る土地へ行って

一緒にしてあげたいと思っています。

 

さようなら。

お母さんは、もう少しこっちでがんばらないといけない。

まだまだそちらへはいけないから

そっちで仲良くしていてください。

お母さんは、新しい家族とがんばってます。

こんなお母さんのことを

身勝手ですが、見守っててくださいね。

* つぶやき…(日記のようなもの) * 08:15 * - * -
すれ違い

昨日は抜歯をした。

自宅からは遠いが

腕の良い歯医者で

痛みも腫れも全くない。

 

止血で少し様子を見てください。

と言われ向かったのは基地(笑)

ほんとたまたまなんですよ?

この歯医者は基地近く。

 

うーん。

救難機とペアのヘリしかいない。

明日は朝から出かける。

もちろん抜歯後、安静にしなくてはいけない。

現場の戦闘機おたくさんの動きで

しばらく飛ばないことをさとり

ものの10分くらいで撤退した。

 

少し前に海辺の人からLINEがきていた。

もう基地?

今ちょうどいるけど

明日、朝から出かけるから帰る。とLINEして帰った。

 

その私のLINEも見ずに出かけたのだろう。

車で無線聴いてるけど今飛んでる。

私が帰ったという記述で思ったのは

格納庫の扉が閉まってたからだと勘違いしてた。

 

火曜は私が行く日。

そう私から宣言した。

昨日、この人のいままでの行動言動を見ていて

インスピレーションしたものをあのサイトに書いた。

この人は、私だけでなく、もちろん彼女にも

愛してるとか会いたいとか全く言えないんだろうなって。

もう、じれったいというか

ここまで来ると、腹ただしい。

 

今朝

私は通例のサイトの書き込みをし

ザラっと昨日の投稿を見た。

そこに海辺の人の投稿。

最近すれ違ってる。

そうそこには彼の言葉で書いてあった。

私、このサイトの投稿は結構マメに見ている。

それなのに、この投稿は5時間も経って見た。

最近すれ違ってる。

そのサイトは実際に投稿されるまでタイムラグがある。

ほんとだね。いろんなことが絡んでくるんだね。

すれ違うってこういうことなんだな。

しみじみそう感じた。

 

そう。

火曜、あの地に私がいる。

そう思って彼は仕事の後、即、基地へ向かった。

私のサイトの投稿は読んだのだろうか。

そこはもうほんとわからない。

私からのLINEも読まずに車だして。

 

私は、たまたまそこにはもういなかった。

ほんとは何かいいたかったのではないだろうか。

 

ほんの一瞬だけ、そう頭をかすめたが

チャンスはいままでだっていくらでもあったはず。

昨日だって、俺行くから待ってて。

そういえばよかっただけ。

 

もう私はそこにいない。

誰かをおとすには

愛の深さだけでない。

そんなもん、伝わらない。

伝えるには言動と行動あるのみ。

 

早くそれ覚えないと

あなたのそばから誰もいなくなっちゃうよ。

* つぶやき…(日記のようなもの) * 07:37 * - * -
雷鳴 とどめ

まー、このブログ

リアルで知ってる人も見てるわけで

まー、そうすると

いろいろある意味問題になることもあるわけで

ただ、そこいらは私の人生私のブログっつーことで

大目に見ていただければとゆーわけで

 

昨日、早めに用事終わって

私、軽自動車、ずっとお買い物程度しか乗ってなくて調子がわるくて

前日、少し距離かけて乗ってあげたら少し調子あがって

それじゃ今日もちょっくらいきますか♪って少しドライブ。

いつもGooglemapでナビりながらいくわけさ

行きの道が、まあびっくりするくらい早い道で

軽快に目的地着いたさ

 

目的地は、いつも遠いって思ってた海。

ところがいつも行く海より時間かからなくない?ってくらい早く到着。

楽しい思い出を懐かしんだり、なかなかいいドライブなったわけさ

 

だんだん雲行きがあやしくなってさ

さて帰ろうってなって、またナビいれて帰ったわけさ

帰り道、行きとちがうわけさ

ナビまかせ。特にいそぎでないからいつもそのまま行くさ

黒い雲が垂れ込めてきて稲光がすごくてそのうち大雨なって

あら、何これ?

神は私を試そうとしているの?

神じゃないか、教えてるのはGooglemap

いちばんひどくてもう無理って時に通りかかるはいつもの空港。

今日はいっちゃだめな日なんだ。

曜日をふりわけたんだ。

あっちが言ったわけじゃなくて私が一方的に言ったんだ。

ばったり会って気まずくなるのは嫌だから私は火曜にいきますってさ

 

でもな、、、

 

私は話したけど相手は忘れてる私のこの軽の名前。見たこともない。

しかも、今日は基地の目玉がいない。しかも大雨。

相手は車の中でも管制無線を聞いている。

飛ばないのは100も承知。

来るわけなかろう♪

それより自分の身の安全!

 

いつもの駐車場。

Twitterでも異常事態で目玉が飛ばないのはわかってる。

ほとんど誰もいない駐車場。

雨もどんどんひどくなる。

稲光は地上にどんどん降り注ぐ。

地響きがする。どんどん雨が降り、もう前が見えない。

 

うん。びっくりした。

来たよ。。。

いつもの時間。

いつもの車。

いつもの作業服。

 

いつもの場所へ車を止め

誰ひとりいないいつもの場所へ

傘もささずむかった。

暗いし大雨だし何も見えない。

ただ、そこにその人しかいないってこと

なぜか傘をささなかったこと

なんと30分近くそこへひとりいたこと

 

うん。なんかこわかった。

執念つーかなんなんだろう。

 

雨はだんだん小降りになってきた。

黒い雲が切れて少し空が見えてきた。

 

戻ってきた。

さっきは気がつかなかったけど

手には大きなアタッシェケースを持ってた。

ケースの中身は撮影グッズだろう。

 

名残惜しいのか振り返っている。

変わらない後ろ姿。

こうやってみると大きく見える。

 

車に乗り、いつものように車をまわし帰っていった。

へたに動けば見つかると思って、私は車のシートにひそんでいた。

そうしながら、他の人とのLINEに興じていた。

 

待って。

急にそう言われて待った。

 

だけどこうなってきたら

私はなぜ待ってるのかわからない。

なぜ待たなくてはいけないのか。

私は何を待ってるんだろうか。

待ってる先に、いったい何があるのか。

 

ほんとの名も知らず、どこに住んでるかも知らない。

そんなものどおしが、場合によっては関係すらもつあのサイト。

こうやって思ってみれば、ほんとうに危険極まりないわけで。

 

そういう場所で動けば動くほど

先日の横断歩道じゃないけど

今日のこの場所ではないけど

偶然やらいろんなことで

包囲網がせばまってくるというか

危険とリアルが近寄ってくるっていうか

 

帰ったから安心して私も動き出した。

でもあぶなかった。

途中で止まっていたんだろう。

私の前の大型バスの前にいる。

すぐの場所を左にまがるはずなのに。

 

その人はまっすぐ向かった。

そちらは大きな都市。

おそらく予備日に夜間訓練をすると見込んで

超目玉のために古い撮影機材を買い替えるのであろうと思った。

 

私はいつまで待たせられるのだろう。

待った先になにがあるのだろう。

もう、ほんとひと思いにとどめさしてほしい。

 

そう思いながら時にくるしみながら

私がしてきたたくさんの人への同様な行為を

思い出さざるを得ない。

 

私はこの人に

自分がしてきたたくさんの非情な行為を思い出させられる。

 

私はたったひとり

この人にしかこういう思いをさせられてはいない。

それに比べて私は

いったいどれだけの人に

こういう苦しみをあたえてきてしまったのであろう。

苦しめ苦しめ思い知れ

自分がたくさんの人にしてきた苦しみを

思い知ればよい。

 

だからこの人を手放せない。

だから私はこの人を待っている。

* つぶやき…(日記のようなもの) * 06:33 * - * -
驚愕

まあ、タイトル、ちょっと大袈裟。


今日は2回目のブラジリアンワックス。

今日の担当

お世辞はうまいが

少し痛いw


終わって好きなパン屋行って

次の場所への車移動。

信号で止まった横断歩道

いやびっくりしたよ。

ここでいうところのスタバの人が

スマホしながら通ったよ。

私、接客業だから記憶力いいのさ

職場の場所も内容も嘘っぽいとは思ってた。

まあ、あんな場所じゃ

意外と学校の先生かと思ったさ。


まあどうでもいいけどさ。


もう1コは結構びっくりした。

サイトのメールをサイメって言うんだけど

今日のサイメに70代の方から来てて

私が不動産業って書いてるのを見て

自分の資産を引き継ぐ養女を探してます。

養女だから、他の方と結婚してもかまいませんときた。

いや、しびれたね。

内容からすると、この人、超本気みたいで

私、悩んだけどメールした。

不動産屋的な返事をね。

新しい事業を始めるって言うから

資産は新しい事業のために使った方がいい。

ということ。

私自身は

資産を持ってる方がすごい苦労をしているのを見ているから

資産に全く興味がないこと。

そして何より

危険すぎるからこういう書き込みをやめた方がいいこと。


今日は髪を巻いたり一生懸命女らしくあるように勉強しました。

いつからかそういう努力を忘れた。

誰のためじゃなく

そう、自分のため。


なんでこんな大事なこと忘れてたんだろ。

今日は来ないはずなので

ひとりで戦闘機見てきます。

大好きなナイトフライトです。

いってきまーす。

* つぶやき…(日記のようなもの) * 15:23 * - * -
1/66pages>>
categories
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
blogpeople
links
profile
qrcode