about this site
当サイトには、基本的にコメント欄がありません。

カスタマイズや素材などでTBさせていただいたとき。
テンプレを公開している関係上、その質問などのため。
参加同盟の企画へのエントリ。
こういった場合のみコメント欄を開きます。

トラックバックはお受けしております。
TBポリシーはこちらです。
承認後の公開となります。

なおリンクはフリーとなっています。

お問い合わせなどは下のメールフォームからどうぞ。
返信が欲しいかたはメアドを必ず入力してください。
BlogPetやメロのメッセージでもどうぞ。
公開してもかまわないような内容のカキコは掲示板へどぞ。



archives
new entrys
categorys
recent comments
recent trackbacks
blogpeople
profile
qrcode
COYOTE(初回限定盤)(DVD付)
COSMICOLOR
m-flo inside-WORKS BESTII-
ALL SINGLES BEST
おいでよ どうぶつの森
Nintendo DREAM 任天堂ゲーム攻略本 おいでよ どうぶつの森
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
no
目いっぱいになって、ふと思う。
またいろんなもん、ためこんじまったなって。

私は no と言えない。
どんな時でも、どんな状況でも
いろんなものを、受け入れようとする。
からだが悲鳴をあげても、こころが擦り切れても。

母は言う、この子はほんと手がかからなかったと。
あのね、お母さん、それは違うの。
私は、手がかからない子でいただけなの。
ほんとは、
ゆみちゃんが持ってたみたいなお人形が欲しかったし
ピンクのフリルの服なんて、着たくなかった。
お熱が出たって、お外であそんでみたかったし。
漫画も読みたかった。ゲームもしたかった。
テレビも見たかったし、お受験なんて受けたくなかった。
コーラも飲みたかったし、露天の真っ赤な杏子飴も食べてみたかった。

でもね、言っても聞いてくれないって思ってた。
いつからか、いろんなものをあきらめてた。

学校が好きだった。先生が誉めてくれるから。
テストでいい点数をとると、先生は誉めてくれた。
いじめられようが、無視されようが、上履きがなくなろうが
別にそんなの、どうでもよかった。
私が認めてもらえるのは、学校しかなかった。

子供の頃 no と言うのは、自分の存在自体が危ぶまれることに思えた。
両親は厳格だった。私は家にいるとき、とても緊張していた。
言うことをきかない弟が体罰を与えられているのを見て、こうなりたくないって思った。
テストの点が悪いと、夕食を前にして、ずいぶん長い時間怒られてた。
どんなに手のこんだ食事をだされても、砂を噛むようだった。

子供の頃の夢は、とにかく家を出ることだった。
こんな家を出れば、自分はかわると思ってた。

でも・・・私は、なにもかわらなかった。
もう誰にも気をつかわなくていいはずなのに、いつも誰かに見捨てられることを恐れた。
会社の上司。お客。友達。彼氏・・・すべてのあらゆる人に・・・
相手が望むように形をかえ、身を砕くように接した。

なんで「嫌」だって言えないの?
なんで「やめて」って言えないの?

その矛先は、自分に向かった。
自分に向けた刃は、自分にしかコントロールできない。

私はいつも塞ぎこみ、心の平穏が訪れるまで、ひざを抱えて蹲ってた。

そしてまた・・・涼しい顔で、平気な顔で、何事もなかった顔で、歩き出した。
| ためいき・・・(ある日常から・・・) | 12:26 | - | trackbacks(0) |
夢で 弟の姿を見た。

4年ぶりに見る その姿は

とても 元気そうだった。



          sozai RainDrop* sama


read more ? >>
| ためいき・・・(ある日常から・・・) | 06:49 | - | trackbacks(0) |
無題
ここんとこ なんかちょっと思ってたこと。

んーーー 私って なんか ちょっとずれてる? やっぱ・・・ってこと。

感覚が違うっていうか ごく少数派というか。。。

いやね・・・これがおかしいとか どうにかせなあかんとか 
そんな気持ちは別になかったりするんやけどね。

はじめて書くけど・・・
子供の頃から よくいじめられてね。
いじめ・・・てか 攻撃?
うわばき隠されたり 集団で無視したり ・・・てなやつ。
私 別になんとも思ってなかった。
どうせそのうち転校するんやし ちょっとがまんしてればええて。
そこがまた余計にむかつくんやろね・・・。相手にしたらね。。。

おとなになっても これは変わらなかった。
前に書いた職場を辞めたときもこれでやった。
攻撃されて耐えて耐えて 上司に報告し転属をお願いして 許可おりたとたんに倒れた。

もっと周りにあわせなあかんのかな・・・とか 思ったりしたこともあった。
それなのに あわせようとすればするほど ういていく私。

いまはね これでいいと思っている。
でも こうしかできへんねん!っていうとこまではいってない。

こたえとかが欲しくて書いているわけではないので どうかスルーでおねがいします。
あと べつに凹んだりはしてません。
生きてればいろいろ悩むコトだってあるさ・・・ってアレです。

普段 鍵のかかった引き出しにしまってたようなことが なんかの拍子にとびでちゃった・・・
みたいな感じかな。
実は このてのログは いつも そんな感じで書いてます。
| ためいき・・・(ある日常から・・・) | 00:55 | - | trackbacks(0) |
愛を請うてばかりいた私。
いつもどっか満たされない感じって
きっと私が愛されることばかりを願っていたから。

愛するって・・・
自分の中に愛が満ちあふれていなければできないコトなんじゃないかな。
愛が自分の中に満ちて・・・満ちて・・・あふれ出て・・・それを誰かに注ぐ。
それが愛するってことなんじゃないかって、つい最近そう感じた。

子供の頃、別に何不自由ない生活だった。
でも・・・愛されているって実感がまったくなかった。
いつもゴールも休憩所もないレースをひたはしっているようで
そこを親が望むように望むかたちで器用に走っていた私。
しかし私は・・・自ら棄権してしまった。もう疲れ果てていた。

いろんな人と恋愛をしたが、私が愛する人とは結ばれなかった。
自分が愛すると壊れてしまっていた。
私の愛はあまりにも重たかった。
愛し方を知らなかったのであろうか。

愛すること。
相手のすべてを受け入れること。
どんなことでも許せるってこと。
こんなことから私は考えなくてはならなかった。

親子愛。兄弟愛。友人愛。ペット愛。
いろんな愛があるよね。
私は親や兄弟とは残念ながら愛というものが薄かったのかもしれない。
ただ、いままで生きてきて、ほんとにいろんな人の愛を受けて、こうしてここまできたんやな・・・。
ってここんとこ、つくづく感じていた。

誰かを抱きしめて慈しんであげたい・・・
なんて一年前の私にはなかったような感情が、いつしか自分の中に湧き起こったのを実感した。
自分の前に、うっすらとした一筋の光のようなものがさしたようにみえるのは・・・
幻なんかじゃないよね???
| ためいき・・・(ある日常から・・・) | 17:59 | - | trackbacks(0) |
ゲームサイドのお友達へ私信。。。
個別にメールするかとも思いましたが・・・
ここで私信として書いてみることにしました。

実はお誕生日をきっかけに、ここ一年近くたてっぱやったPCをおとしました。
いろんな考えがあると思います。
その考えを否定するつもりはまったくありません。
ただ私個人にとっては、放置でレベあげてもその価値が感じられませんでした。
これがおもな理由です。

今ここで交流をもっている友以外は、みな辞めていきました。
メアド交換した人すら、連絡がつきません。
あの画面を見ているだけで滅入ってしまった時期もありました。
今はそんなことはまったくないのですが、
ただ・・・このままでいいんやろか???考えたときに
何のために?・・・ってもう何もないんですよね。。。私個人にはね。

あのゲームでは、ほんとうにいろんな人と出会い、その出会いは貴重なものでした。
そして今は、私にとってはすっかり形を変えていってしまいました。
いい意味でも、逆の意味でもね。
音信がとれなくなる人がいる一方、あのゲームを通さなくてもいままでどおり連絡をとりあう友、そしてさらに進展したおつきあいを持ちつつある友もいます。

もうこだわらなくてもいいかな。
もうしがみつく必要はないかな。
今はそう思っております。

音信がとれないといえども、私はメアドを変えておりませんし、こちらからメルする気にはなれなくても、そのうち、またなにかしらの連絡が入るかもしれません。
それならそれでいいし、ないならないでいいし。

とにかく卒業とか引退とかすっぱり切ったわけではないのではありますが、活動としては休止いたします。
いままでお世話になりました。

そしてこれから先、ゲームを通じなくても会話がもてれば幸いと思っております。
これから先、PCに向かう時間も少なくなっていくでしょうが、PCたてているときはMSNにサインインするようにしていますので、よろしかったらお声をおかけくださいませ。
私のほうも遠慮なくお声をかけさせていただきます。

以上、ゲームサイドのお友達へ・・・でした。
| ためいき・・・(ある日常から・・・) | 00:16 | - | trackbacks(0) |