about this site
当サイトには、基本的にコメント欄がありません。

カスタマイズや素材などでTBさせていただいたとき。
テンプレを公開している関係上、その質問などのため。
参加同盟の企画へのエントリ。
こういった場合のみコメント欄を開きます。

トラックバックはお受けしております。
TBポリシーはこちらです。
承認後の公開となります。

なおリンクはフリーとなっています。

お問い合わせなどは下のメールフォームからどうぞ。
返信が欲しいかたはメアドを必ず入力してください。
BlogPetやメロのメッセージでもどうぞ。
公開してもかまわないような内容のカキコは掲示板へどぞ。



archives
new entrys
categorys
recent comments
recent trackbacks
blogpeople
profile
qrcode
COYOTE(初回限定盤)(DVD付)
COSMICOLOR
m-flo inside-WORKS BESTII-
ALL SINGLES BEST
おいでよ どうぶつの森
Nintendo DREAM 任天堂ゲーム攻略本 おいでよ どうぶつの森
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
佐野元春 COYOTE
私が学生の頃、「これ、すっごくいいから、とにかく聴いてみて!」
と渡されたのが、今思えば「No Damage」だったと思う。
聞いたこともないアーティストで、とりあえずカセットテープを再生した。

アイドル歌謡曲全盛期の、あの時代。
佐野元春の歌には、衝撃を受けた。
とにかくかっこよく聴こえて、繰り返し繰り返し何度も聴いた。
突き刺さってくるような、メロディーと歌詞。
いつしか、私に焼きついてしまったのだろう。
アンジェリーナやガラスのジェネレーションは、いまでもカラオケで唄える。

つい先日、テレビで佐野元春を見た。
おふろに入る準備中だった私は、もう釘付けになった。
テレビで!ってとこにもびっくりしたし
あいかわらず・・・というか、ますますというか・・・
とにかくお洒落で、かっこよかった。

ポリシー、ライフスタイル、ファッション・・・
あの頃のおとなって、ほんとすべてにおいてかっこよかった。
いまでもこうやって、どんどん素敵になっていくのを見て
うらやましくもあり、ちょっとでもそうありたいなと思える。

このアルバムは、2枚組みになっていて
一枚はCD、もう一枚はDVD。

DVDのほうは、セピアカラーの町並みと佐野元春。
思わず、「これどこ?」と撮影場所を気にしてしまったが
日本のどこかで、撮られていた。
ちょっとびっくり、なんとなく納得の撮影場所。

残りは、レコーディング風景や、ジャケ写撮影風景。
緻密に、しかし和やかにつくられているさまが見てとれる。

なんていうんだろ・・・
結局、「佐野元春」っていうカラーをもってすれば
どこにいても、なにをしても、もう、そこの風景や空気すら変わってしまうような
風格というか・・・自信というか・・・
テレビ出演と、このアルバムを見て聴いて、そういうのが伝わってきた。

だからといって、彼の肩には力が入ってはいない。
それは、アルバムを聴けばわかる。
あの「No Damage」の頃の、刺さってくるような感じはもうまったくない。
包み込むような優しいメロディー。だけどしっかり佐野元春。

古いファンから、佐野元春を知らない若い世代まで
いろんな人に聴いてほしい、おすすめのアルバムとなっていました。
| 気になるヒト(オトコver.) | 18:56 | - | trackbacks(0) |
岡村靖幸
「桜塚やっくん、岡村靖幸の楽曲をカヴァー」
今日のネット配信ニュースで、ちょっと目をひいたのがコレ。

コスメ好きな私は、桜塚やっくんがテレビに出てくると
この人、ほーんとお肌きれいやな。
とか、どこのマスカラ使ってるんやろ。
とか、あのぷっくりした唇ごっつかわええわ
とか、お笑いそっちのけで、見入ってしまうのですが(ごめんね。汗。)
あの「岡村靖幸」にリスペクトしているとは知らなんだ。。。

あまりというか、まったく公言したことなかったんですが
私も岡村靖幸が好きで、いちじきめっちゃハマってました。

中でも「だいすき」が、いまだに好き。
初めて聞いたときには、その内容のあまりのベタさにドンびきだったはずなんやけどなぁw
だってさぁ。想像してみぃ?あんなこと面と向かって言われてみぃやw
こいつ・・・いったい何者なんや?wってヒクでぇwww

あんなにも堂々と女のコに「だいすき!」と語りかけるスィートな岡村ちゃん。
デリケートで、あまりにも純粋すぎて、いつまでも大人になりきれなくて・・・
そういう本来の岡村ちゃん像がやけにひっかかって「密かに」応援してました。

ま、いろんなことがありーので、ここまで来たわけなんですが
たくさんのアーティストに、多大な影響を与えたり
いまだに、アツく根強いファンに見守られていたり

こういう事実を、彼はどうとらえているのかな。。。

そう思った、今日のこのニュースでした。
| 気になるヒト(オトコver.) | 21:52 | - | trackbacks(0) |
ALL SINGLES BEST スガシカオ
発売されると知って、即、聴きたかったコレ。
やっとゲットしましたるんるん

スガシカオ、どこが好きって・・・
せつない歌詞、甘くハスキーな声、洗練されたスタイル
どことなくただよう蔭、でも毒っぽくはない・・・。

歌詞の女々しさが、正直、昔はあまり好きでなかった。
つかみどころのないところが、どこかもの足りなかった。

夜空ノムコウ以降、そこんとこ全部ひっくるめてこの人の持ち味なんだ
そこがこの人のいいところなんだ・・・って感じて以来、ハマりました。

私が特に好きなのは
アシンメトリー・夜空ノムコウ・8月のセレナーデ・ストーリー・愛について

ベストっていうと、もうおなかいっぱい・・・ってくらいの勢いでせまりくるモノもありますが
やっぱスガシカオ、さらっとお洒落に気張らずに聴けてしまいます。
テンション下がり気味のトキでも、攻撃してこない感じ・・・とでも言えばいいかなぁ。
聴いていてとても心地よく、すーっと入ってきます。

歌詞を深く掘り下げて聴くのもよし。心地いいまま聴きながすのもよし。
なんどもリピして聴きたい、もりだくさんな2枚組みとなっていました。
| 気になるヒト(オトコver.) | 03:59 | - | trackbacks(0) |
デスノート見てきましたw
お誘いあんどおごりwってことで行ってきました。デスノート

テレビで先日見たときに、これ劇場でだったら・・・おもろかったやろな。。。
とは思ってましたが、やはり期待は裏切りませんでした。

初耳の方も多いかと思うんですが、私、ず〜っと演劇部だったんですよ。
しかもかなりハードなw
んで小道具やらメイクやら演出・・・などなど細かいとこまで見て?見えて?しまうんで
なかなかストーリーを純粋に楽しむってことができなくてね汗
はじめはいろいろ気が散ったんですが、気がついたら展開をラフに楽しんでました。

ライト・エル・ミサミサ・ライトの父である夜神総一郎・そして死神たち。
これらの登場人物の「正義」と「愛」、そしてそれをどう貫くのか。
ここいらの個々の価値観の違いがドラマを編み出した。。。って感じかな。

ミサミサの死神レムの声が池畑慎之介。
穏やかな愛を持つ女性の死神であるレムにぴったり。

ミサミサの愛。
自分の命まで削って愛する人に捧げてしまうという
ちょっと重すぎる愛をかわいらしく健気に演じていて好印象。

お菓子中毒?潔癖症?ぽいエルの人間らしい一面がふと現れたときには
劇場にくすくす・・・と静かな笑いが拡がりました。
彼の最後の決断もまた、彼の人間らしさからなのかしらね。

そしてライト。
藤原竜也さん。身毒丸のときから注目しておりました。
高校演劇時代、生白石加代子に触れて激しい感動を覚えた私。
この人と15歳で同じ舞台に立つなんて。。。とびっくりしたものでした。
役柄をともすれば狭めてしまうような美しい容貌。
配役によっては周囲をかすませてしまうほどの演技力の高さ。
ここいらもデスノートでは感じさせませんでした。

見た人にしかわからない、しかも超個人的な感想となりましたがあせあせ
こんな印象を受けました。
第三のキラに照準をしぼったかのような印象を受けるコピーにはちょっと疑問を抱きましたが
なかなか見ごたえのある映画となっていました。

かわいい追記
ミサミサ役の戸田恵梨恵ちゃん、私と同じ誕生日だぁw
なにげにうれしいかもてれちゃう
| 気になるヒト(オトコver.) | 17:48 | - | trackbacks(0) |
m-flo inside-WORKS BESTII-
発売されて以来、ずっと聴きたかったコレ
やっと借りて(w)きましたぴかぴか

車の中で頭だけざくざく聴いてったんですが・・・

ん?ん?ん?・・・

正直、ちょこっと拍子抜けしました。。。
m-flo独特の「クセ」みたいのがさらっとぬけたすごくかるいタッチだったんでね。
ハードなタッチのm-flo好きな私には「あれ?」てな感じで。

ただ、曲と曲をつなげたような構成になってて息をつかせぬような流れで
それを考えたらこんくらいの肩に力の入らなさ加減がいいのかもねぇ〜。

こなれた感じとおされ度は、やっぱかなぁ〜りアップしてるし。
オトナのm-floって感じかな?w

聴けば聴くほど心地よくなってくようなアルバムと仕上がってました。
m-floってなに?というかたにも
ちょい飽きてきたかもm-flo・・・てなかたにもおすすめのアルバムです。

・・・って・・・私、ほめてるからねw

m-flo inside-WORKS BESTII-
m-flo inside-WORKS BESTII-
m-flo, m-flo loves MINMI, m-flo loves 日之内絵美 & Ryohei, 野宮真貴 loves m-flo, 加藤ミリヤ loves m-flo, GAGLE feat.VERBAL, CKB feat.野宮真貴 & m-flo
| 気になるヒト(オトコver.) | 11:47 | - | trackbacks(0) |